1万時間

【1万時間の法則】ってご存じですか?

何か事を成し遂げたいと思うなら、それぐらいの時間が必要って事です。

1日9時間取り組んで3年。
「石の上にも3年」って言葉が昔からあるんで、あながち間違った言葉では無いでしょう。
実際に仕事でも、1人前になるには3年ぐらい必要ですよね?
当然、その過ごした時間の「濃さ」にもよりますが…

~クライミングに置き換えてみると~

しっかり練習する人で、週20時間ぐらいだとすると、10年経って、やっと1万時間です。
1日5時間、週4日です。
私からすると、スゴイ練習時間だな~と思いますが(^-^;

~あなたは今何時間?~

クライミングを始めて6年の人を例にあげると
最初の3年は週10時間ぐらい(年520時間)
後の3年が週20時間ぐらい(年1040時間)
520×3+1040×3=4680時間
練習内容(濃さ)が80%だとすると
4680×0.8=3744時間

まだ1/3しか経過してませんね~
この段階で、強いだの弱いだの’だけ’を競いあっても、しょうがないと思いませんか?

キッズやユースはまさにこの「取り組む日々」の真っ最中です。
これに関わる大人は、現時点での成績の優劣を気にして右往左往するより、5W1H「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」を考えた方が、明るい未来が待っているのではないでしょうか?

★近日開催のイベント★

12月9日
【クライマーの為の体幹とは?】講習会
http://climbingblog.jp/1116