夏休み満喫してますか?

ユースクライマー真夏の祭典「ジュニアオリンピックカップ」が終りましたね~

今年のJOCは、終始小雨が降るなか開催されましたが、例年のような酷暑では無かったので、過ごしやすかったです。
男子は、ジュニア、ユースAの代表選手がほとんど出場しておらず、寂しい感じでしたが、本間選手が圧巻のパフォーマンスで総合優勝しました。
ユースB世代の結果を見て驚いたのが、決勝進出者(10名)のうち、先日のユースボルダリング選手権で決勝に進出した者は3名のみ。
過去のデータを精査したわけではありませんが、少し前はリードもボルダーも強い選手が常に上位を占めていたイメージがありました。
競技特化が進んでいるのか?練習環境、方法の影響か?身体特性なのか?
女子は、やはりユースB世代が強かったですね。
予選結果から見て、同一課題で行われた両ルートの完登者数を比べると
ユースC(6人)ユースB(11人)ユースA(2人)ジュニア(4人)
総合成績でもYBが上位を独占しました。
1位(森 秋彩YB)2位(谷井 菜月YB)3位タイ(YB×2人 J1人)
女子の場合、第2次成長期による影響が出やすいのか?その影響を最小限に留めるにはどうすべきか?
全体の競技力が上がっているだけに、しっかりと対策する必要を感じました。
子供達は夏休みも終盤に差し掛かり、宿題に追われている子やご家族との思い出作りなど、色々と予定満載でしょう。
クライミングでは、TNFCの予選会が始まり、関西圏では今年から始まる「8DX」など、夏休み以降も忙しい日々が続きます。
関西クライマーサポートチームもイベント満載で突き進んで行きますよ!
★★★8月20日 三位闘~SUMMIT~★★★
リード・スピード・ボルダリング3種目コンペ
申込受付中!
★★★9月2日 クライマーの為の筋膜リリース★★★
「climbing-net」でもおなじみ杉山先生による講習会!
ケガはしょうがない?ケガしたら練習できないよ?
申込受付中!
★★★10月29日 ビジョントレーニング★★★
目は露出した脳!みなさんお待ちかねの事でしょう!
要項・申込は近日公開予定