小さかったら高く飛べ!

小さかったら高く飛べ!

かなり昔の話ですが、NBAプロバスケットボール選手のスパッド・ウェブ選手は身長168cmにも関わらず、200cm以上がゴロゴロいるスラムダンクコンテストで優勝しました。
そしてその後も、10年以上に渡りNBAで活躍することが出来たのです。
彼の武器はジャンプ力。垂直飛びは117cmにも達したと言われています!

クライミングにおいても、多くの場面で高身長(リーチが長い)ほうが有利です。

YOUTUBEよりスクリーンショット

記憶に新しいBJC2018女子決勝において、勝敗を分けた最終課題。
初手は不安定な足場から、垂直方向にランジし、パワーで挟み込むムーヴ。
明らかに高身長の選手のほうが有利なのですが、では低身長の選手には為す術が無いのでしょうか?

スパッド・ウェブが記者のインタビューでこう答えています。
「あなたのその小さな身長はNBAで不利じゃないのですか?」

「そんなことは全く関係ない。小さかったら高く跳べ、これが自分の信念だ」

彼がもし自分の身長を悲観していたとしたら、彼の伝説は生まれなかった事でしょう。
驚異的な能力を見せつけられる事よりも、不断の努力で弱点を克服しようとするプレーヤーの姿に、私達は心を動かされるのかもしれません。

プレーヤーはもとより、指導者さん、トレーナーさん、セラピストさん等、プレーヤーに関わる皆さんにとって、少しでも有意義な時間を過ごして頂けるよう、準備を整えてお待ちします!

【クライマーの為の下半身トレーニング】
開催日:4月1日(日)
事前登録:下記のフォームよりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/k8MMvSiIk89Q46Y72