【活動報告】「ダイナミックストレッチによるウォームアップ」

「ダイナミックストレッチによるウォームアップ」
4月22日(日)にシルバーストーンにて開催しました。

「ダイナミックストレッチ」
熱心な方であれば、webや文献でご存知の方も多いでしょう。

なぜウォームアップをするのか?
なぜウォームアップにダイナミックストレッチを取り入れる事が有効なのか?
一昔前であれば、ランニング等で心拍数を上げ、入念に静的ストレッチを行う事が一般的でした。
これは当時のスポーツ科学では最善とされていたのですが、多くの研究を重ねることでスポーツ科学も日々進化しています。
そして近年では、筋温度や神経系等、細部にわたる研究が進み、その結果の一つとしてウォームアップにダイナミックストレッチを利用するという考え方が生まれました。しかしこれらの研究は数十年前から行われているもので、最新というわけではありません。
PNF、バリスティック、スタティック等、多くのストレッチ法がありますが、どれが良くてどれが間違っているという事ではありません。
大切なのは、その競技において何が有効なのか?それぞれのタイミングにどのメニューがマッチするのか?という事を考え、最善の選択をすることです。

そして競技会場等の条件が悪くても可能な、省スペース、短時間のメニューをご紹介しました。

(アスリートでなければ、今回のメニューだけで十分に素晴らしいトレーニングになりますね)

各部の可動域が制限される要因の一つ「筋膜」についても、少しだけ触れさせて頂きました。
この「筋膜」については、改めてじっくりご紹介したいと思います。

そして、動きやすくなった体でのクライミング。


指の力や腕の力だけでは解決できない、全身を使って登ってもらいたい。そんな課題を用意させて頂きました。
皆さん楽しんで頂けましたでしょうか?

★ご参加頂いた皆様に忘備録として、ウォームアップメニューの動画を配信させて頂きます。
↓画像をクリックしてください。パスワードは別途お知らせいたします。