アスリートヨガってなに?

【体と心を整えるアスリートヨガ】7月17日開催

皆さんにご案内するなかで、「アスリートヨガ」って何?というご質問を頂くことが多いので簡単に説明しますね。

人間が体を動かす仕組みを簡単に図にするとこのようになります。

右上にあるホールドを取りに行くとき、視覚で距離を測り、触覚で保持感を判断し、脳が過去の経験を元に判断し、各筋肉に命令を送る。という感じです。この他にも全身のバランス感覚器官(三半規管等)からの入力で常に微調整をしながら動いていくわけです。

そしてこれら一連の流れの中で、他より弱い部分があると、全体の運動能力はその弱い部分に支配され、それ以外の部分をいくら鍛えても、全体の能力が向上する事はありません。水道ホースの一部が細くなっていると、水の流れが悪くなるのと一緒で、一生懸命課題を登っているのに、全然グレードが上がっていかない原因の一つが、ここにあります。

「出力」部分のトレーニングは、筋トレや体幹トレのように、皆さんよくやられています。
課題をたくさん登ることによるトレーニング効果は 「感覚力up」(極小) 「経験up」(大) 「出力up」(小) という感じでしょうか?

もちろん課題をたくさん登れば、グレードは上がっていきますが、ある一定以上になると、向上スピードが落ちてきます。
効率が悪いという事です。

では効率を上げるにはどうすればよいのか?

一連の流れを細分化し、自分の弱点を集中的にトレーニングする事で、全体の能力が向上するわけです。

前置きが長くなりましたが、今回の目的は、ずばり「感覚入力」能力の向上です。
内観力(自分を感じる力)に刺激を入れる事で、脳の運動学習を促し「感覚入力」能力を向上させるわけです。

今回の講師「永田美香さん」は、その為の一つの方法として「ヨガ」という手法を取り入れられており、その中でも今回はアスリートに必要な要素を重点的に講習して頂きます。
劇団四季の専属トレーナー、大阪府警剣道特錬のトレーナー、女子アイスホッケー日本代表のトレーナー等、数々のトップアスリートに接してきた方だからこそ、のお話を聞けるチャンスですよ。逃さないでくださいね。

お申込みはこちらから
https://goo.gl/forms/WaIk73W75mxkYmrD2