【体と心を整えるアスリートヨガ】を開催しました!

7/17(月)【体と心を整えるアスリートヨガ】を開催しました。

あなたの体はどこにありますか?
べろはまっすぐ出せますか?耳はやわらかいですか?手の指はどこ?足の指は?

あなたの体は何色ですか?

どんな匂いがしますか?

体中すべてのセンサーをオンにしよう!

他人から与えられるだけではなく、自らが感じ、考え、失敗し、またやり直して、答えを見つけていく。
自分の体が欲しいと感じているものを、欲しいだけ取り入れていく。

今回講師をつとめて頂いた美香さんも驚くほど、みんなどんどんセンサーを開放し、色々な事を吸収していく。

美香さんの導きが凄いのか?それともみんなの求める力が凄いのか?
どっちも凄いんだと思う。

センサーが全開になったところで、ボルダリングセッション。
普段とは一味違った動きをメインに、みんなでトライ!
出来た人からアドバイスをもらい、やりたいと思った動きを実践していく。

そして、ほとんどの皆が初めてのスピードクライミング。
最初はうまく出来なくても、1本登る度にタイムを縮め、どうやれば早くなるかを考え、何度も何度もトライする。
「タイム」という絶対的な判定があるから、言い訳も何もない。
ただひたすらにタイムを縮めようとする姿は、アスリートそのもの。

子供はもっと強くなりたいと思ってるし、もっとうまく動きたいと思っている。
大人になるほど、出来ない理由を探し、出来ない事が当たり前だと諦めて、それを子供に当てはめてしまう。

保護者にしか出来ないこととは?
「無償の愛」「責任」「守る」「教える」・・・
あなたの思う全てが正解です。誰もが頭ではわかっている事です。

それなのに
365日、24時間、クライミングコーチになってしまっていませんか?
子供に「選ばせて」いますか?「責任を持たせて」いますか?「待つこと」ができていますか?

親の役割、子供の役割を明確にすることです。

あなたがしっかり考えて、出した答えは全て正解ですよ!